2018
09.29

わたしたちは自然と共に

lsland

そもそも人間は自然とは切り離すことができない存在です。
身体も心も、月の満ち欠けに、環境に、景色に、自然の中にある様々なものと共存して生きています。
今日食べたものが血となり肉となり自分の身体を作り
今したその呼吸が肺を通って私たちの身体の隅々まで酸素を届けることで私たちの身体は動きます。

自分の身体やそれを取り巻く自然に、どのくらい敏感でしょうか。
刺激の強すぎる都会に生きていると、自分の身体や自然になかなか意識が向きません。


今日は自宅で事務仕事をしながら、
疲れると合間には身体の動きに敏感になるワークをしたりします。
決して強い動きで刺激を与えるのではなく、
逆に、ゆっくりと穏やかで静かな動きを指先や肩の動きで実践するワークです。

静かにそんな動きをしていると、ちょっと興奮するような気づきが起こります。
微弱で繊細な動きなのにも関わらず、です。
文面で表現するのは非常に難しいのですが、
うわーーーーーーーー私の身体!!!!!!!!!!!
おおおおおーーーすごい、身体があるーーーーー!!!!!!
おおおおおおおーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

という感じ。

 

 

 

 

 

 

 

全然伝わらないでしょ、はい、ですよね・・・。笑

 

でもね、ちょっと感動するのですよ。こういうの。

例えば、手のひらのアーチが復活することによって、

キーボードを打つ手がものすごく軽く楽になったりするのです。
ほんの5分(もかからないかな)の小さな動きによってです。
高い整体に通うよりも(それも気持ちがいいけれど!)
自分の身体を愛でて大切にしている感じがします。

最近はこうした身体の機能の復活が脳の活性化の大きな刺激になることもわかってきたようです。

そもそもたくさんの機能を備えたこの身体。
スマホばかり見ていたり、PCに一日中同じ姿勢で座っていると、その機能はどんどん使われなくなります。
せっかく素晴らしい可能性を秘めた身体を持って生まれたのに、
使わずにおくなんて勿体ないっ!!!!!

島で、大きく呼吸して、自分が自然であったことを思い出して
頭も身体も心も全部が伸びやかに動く、島旅。

 

あなたの力は

あなたが想像しているよりもはるかに大きいことを

思い出します。

 

2018年12月23日から宮古島リトリートですよ!

あ、画像の日程間違ってる・・・23日からです!!

https://re-meet.me/retreat/335/

坪田 順子Junko Tsubota

Co-founder facilitator organizer

株式会社リミートミー
有限会社ベンティレイト
代表取締役社長

20代で起業し店舗スタッフの営業指導教 育コンサルタントとして活動。その後、2000年にコーチングを軸としたプロフェッショナルコー チとして活動をスタート。主な資格に生涯学習開発財団認定マスターコーチ 国際コー チ連盟ICFプロフェッショナルコーチ CTIジャパン応用コース修了 システムコーチング応 用コース修了 ワークライフバランスコンサルタント TLC(ザリーダーシップサークル)認定 プロティクショナー 米国ギャラップ社認定ストレングスコーチ 。大学では心理学や心身一元論を軸とした人間総合科学を専攻。

現在は、企業の風土改革、管理職やリーダー向けの研修講師、対話会のファシリテーターとして活動。組織の関係性向上、個人の在りたい姿の発見・実現を通してモチベーションを高める(アライメントコーチング)支援と、思い込みに目を向け、自ら変革を起こしていくリーダーの育成・支援に力を注いでいる。

2018年、人は自然との繋がりを欠かすことができない存在であることや深い自分自身との繋がりが周囲との関係性を表現しているという実感から、企業内研修にとどまらず、自然の中で内省や内観を促す合宿型研修を提供する株式会社リミートミーを仲間とともに設立。現在2冊目にあたる著書「リミートミー」を執筆中。

  1. わたしにとっての島の魅力:五感が冴え渡り、自分の身体がイキイキ喜ぶところ。
  2. 思い出の島:子供の頃に行った竹富島。驚くぐらい透明度の高い海に水牛と一緒に泳いだあのコントラストが子供心に衝撃だった。
  3. これから行ってみたいところはありすぎるけれど、今惹かれているのは喜界島とか礼文島とか。秘境巡りがしたい。課題は体力のなさ。